Introduction工場紹介

沿革

1949年
東京大学生産技術研究所発足。
1951年
分散していた各工作室をまとめ「試作工場」として業務開始。
1971年~74年
工場総会、運営委員会体制始まる。
1978年
工場利用に関する講習会開始される。
1991年~99年
東京大学全学研修、安全管理講習、共同利用加工技術室技術研修等開始される。
ワイヤ放電加工機、ターニングセンタ(CNC複合旋盤)、マシニングセンタ(CNC複合フライス盤)等が導入される。
2001年~
駒場Ⅱキャンパスへの東大生研移転に伴い、試作工場も駒場移転。3月より通常業務開始。
移転に伴い新たに「Y軸制御複合加工CNC旋盤(3台)、多面加工(5軸制御)立形マシニングセンタ(1台)、5面加工門形マシニングセンタ(1台)」等の工作機械を導入。
2004年~
東京大学が国立大学法人へと移行。
2011年~
3Dプリンター導入。
2012年~
マシニングセンタ更新。
2014年~
ターニングセンタ更新。
2018年~
ターニングセンタ更新。